Air Free Concept

06

<エアフリーコンセプト>の最高速度に挑戦!(メイキング編)

さて、期せずして<エアフリーコンセプト>の限界に挑戦するシリーズになってきたこちらのブログ。日本一の超激坂チャレンジに続いて、今度は、なんとTTバイクを作ってスピードの限界に挑戦することに。きっかけは「TTバイクに<エアフリーコンセプト>って似合いそうだよね」という、なんてことない一言から。「将来的には樹脂スポークの部分をプロペラみたいな形状にしてさ、回るたびにどんどん推進力が増しちゃう! みたいな」なんて夢物語で盛り上がったりして。「それは機材ドーピングだろっ!」とツッコミも入ったり。でも、面白そうだし、やってみるか、といつものごとく見切り発車してみました。

まず、現状、<エアフリーコンセプト>は20インチのサイズしかない。TTバイクのフレームに取り付ける、というのは不可能だ。しかし、ベガスベースの<エアフリーコンセプト>をTTバイク仕様にカスタムすることなら、わりと簡単にできるはず! なんて始めてみたものの、実はいろいろ問題発生して、それなりに大変でした。ベガスはシティバイク規格なので、スポーツ車規格の部品が使えない箇所が多く、加工が大変。シート角もかなり寝ているので、ポジション出しもかなり難航したりして。

それでも、ブリヂストンサイクル技術部のみなさんが、限られた時間の中で出来る限りのカスタムを施してくれたおかげで、どうです、この仕上がり! ちゃんとTTバイクしてるでしょ! TTバーにフィックスドギアのガチンコなトラック仕様です。摩訶不思議なホイールと、小さすぎる漆黒のフレームが、やたらとミステリアスな雰囲気を醸し出して、只者ではない感じがムンムン。実際、社内でも「アレは一体ナンダ!?!?」と噂になってました。「社運をかけた極秘プロジェクトですよ」と言っておきましたけど。

それにしても、これは、想像以上にカッコイイぞ! 激走してるところ早く見たいっ!!!! ということで、次回は、ゲストライダーさんをお招きして、エアフリーTTバイク-実走編-をお送りします!

RELATED POSTS

Blog Archive